妊娠中の、お魚と水銀に関する情報です

妊娠中の、お魚と水銀に関する情報です

これからママになるあなたへ

お魚について知っておいてほしいこと

お魚はからだに良い物

でも妊娠中はちょっと注意が必要です

お魚(クジラ・イルカ含む)は良質なたんぱく質や血管障害の予防やアレルギー反応を抑制する作用があるDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)を多く含み、またカルシウムなどの摂取源で、健康的な食生活をいとなむ上で重要な食材です。妊娠および出産のための栄養のバランスの良い食事には欠かせないものです。

ところが、お魚(クジラ・イルカ含む)には、食物連鎖によって自然界に存在する水銀が取りこまれています。お魚等を極端にたくさん食べるなど、かたよった食べ方をすることでこの水銀が取りこまれ、お腹の赤ちゃんに影響を与える可能性があることが、これまでの研究から指摘されています。

そのため、平成15年にお魚に含まれる水銀の摂取が検討され、注意事項が公表されました。その後平成17年、平成22年には注意事項の見直しが行われています。

 

注意が必要なのは、食べるお魚の」種類と量です

食べ方の注意(一週間を基準にして●が一個になるように食べましょう

お魚一人前(80g)に含まれる水銀量にまず注意しましょう

1. 日本人が平均一食に食べるお魚の量は、刺身一人前で1/2、切り身1切れ1/2おなかの赤ちゃんに影響を与えない量は、この量で1週間の水銀量になります。

2. 色々なお魚を組み合わせて食べる。

もし、1週間で●が1以上食べた場合は翌週に少なく食べて下さい。一週間で1までが目安です。

 

注意が必要なお魚について、下記参考に食べるように心がけてください。

1/2個 キダイ  マカジキ  ユメカサゴ

ミナミマグロ(インドマグロ) ヨシキリザメ

イシイルカ クロムツ

1 キンメダイ  ツチクジラ  メカジキ

クロマグロ(本マグロ) メバチ(メバチマグロ)

エッチュウバイガイ  マッコウクジラ

2 コビレゴンドウ

8 バンドウイルカ

特に注意が必要でない物

キハダ  ビンナガ  メジマグロ  ツナ缶  サケ アジ  サバ  イワシ  サンマ  タイ  ブリ  カツオ  など



Q&A疑問にお答えします。

質問1 なぜ妊娠中にはお魚の食べ方に気をつける必要があるのですか

返答:お魚の中に含まれる水銀の量がある一定以上になったときに、お腹の中の赤ちゃんに影響を与える可能性が指摘されています。それはお腹の中の赤ちゃんは、お母さんのからだの中から取り込んだ水銀をからだの外に出すことができないからです。

質問2 お魚などに含まれる水銀がお腹の中の赤ちゃんに取り込まれた時、どんな影響を与える可能性があるのですか。

返答:今回注意しなければならないお魚を、食べる量の目安よりもとても多く食べ続けていた場合に限りますが、例えば、生まれてから、音を聞いた場合の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れる可能性があることが言われています。    

質問3 私たちが普段の食事で身体に取り込んでいる水銀は健康に影響を与えないのですか

返答:私たちが普段の食事で身体に取り込んでいる水銀の量は、健康に影響を与えないと考えられる最大の量は57%です。また、からだの中に取り込まれた水銀は、徐々にからだの外に出ていきます(2か月で取り込んだ量の半分になります)。そのため、平均的な食生活をしている限り、水銀が過剰にからだの中にたまっていくことはなく、健康への影響を心配するようなものではありません。

質問4 なぜ、注意しなければいけないお魚と注意しなくてよいお魚があるのですか。

返答:小さいお魚がそれよりも大きいお魚へ、そしてもっと大きいお魚へ食べられていくことが食物連鎖です。そして大きいお魚はそれぞれ食べたものを取り込むことになります。お魚それぞれに水銀が含まれていますから、一般的には、大きいお魚は小さいお魚に比べて自然に多くの水銀を取り込むことになります。今回注意が必要とされたお魚は、主にこのような大きなお魚(クジラ・イルカ含む)で、その中でも水銀の量が比較的多いお魚となっています。

質問5 妊娠に気づくのが遅れて注意しなかったのですが、大丈夫ですか、

返答:赤ちゃんは胎盤を通して水銀を取り込みますが、この胎盤は一般的に妊娠4カ月でできます。胎盤ができる時期には、それ以前にからだの中に取り込まれた水銀の量は減少しています。そのため、妊娠に気付いたときから注意することで対応できると考えています。

 

                         ―問合せ先 詳しくはWEBで、{厚生省 水銀}で検索―
管理者から一言
水銀の影響は水俣病を参考にすれば、よくわかるのではないでしょうか。脳や脊髄、神経系統に影響があります。妊娠中のお母さんは、未来の赤ちゃんのために、自覚して、お食事を摂取していただきたいと思います。
追記:厚生省の説明だけでは納得できなかったので、他の情報がありましたので、そちらの掲載もすることにします。
 

·         神経毒性

健康上の鋭敏な影響は、神経毒性(神経の発達への影響)です。特に、母体を通じた胎児や発達中の幼児へ影響します。(現在の摂取量は一般の人の健康に影響が及ぶレベルではありません)

ヒトの体内でのメチル水銀の半減期は、約70日です。

解説

メチル水銀の毒性は、神経の発達への影響です。

最も鋭敏な健康上の影響は、食物を通じて母親が大量のメチル水銀を体内に取り込むことにより、おなかの中の胎児へ曝露した結果、胎児の神経の発達に影響すること、また、発育中の幼児が大量のメチル水銀を体内に取り込むことによって神経の発達に影響することがあります。

ただし、現在のところ、普通の食事をとることによって、一般の人に対して影響があるというレベルではありません。

なお、メチル水銀は、体に取り込んでその量が半分になる期間(半減期)は、約70日といわれています。

 

お問い合わせ先

消費・安全局畜水産安全管理課水産安全室
ダイヤルイン:03-6744-2105
FAX
03-3501-2685

これを読んだら、少し安心出来ましたが、今の世は水銀だけではなく、色々な事に注意しなくてはいけないので、生きていくのが大変な時代だと思います。少しでもこのホームページから発信していこうと思っています。読んでくれてありがとうございました。 

 

(農薬の議事録から抜粋)

2013-07-10 21:34:33 m-6458の投稿 
テーマ:

 

2013529日 薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会農薬・動物用医薬品部会議事録

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r985200000366lv.html

 

○大野部会長 平成25417日及び514日付で「薬事・食品衛生審議会」へ諮問された農薬3剤、農薬及び動物用医薬品1剤並びに動物用医薬品及び飼料添加物1剤について。動物用医薬品及び飼料添加物でありますタイロシンの審議をお願いいたします。
○事務局 本剤はマクロライド系の抗生物質で、タンパク質合成を阻害し、菌の増殖を抑制すると考えられております。主にグラム陽性菌、マイコプラズマ及びある種のグラム陰性菌に対し有効です。 牛及び豚用注射剤、リン酸塩の豚及び鶏用飼料添加剤並びに酒石酸塩の、豚及び用飲水添加剤が承認されて
海外では、EU諸国、米国、アジア諸国等で、牛、豚、羊、鶏、七面鳥等を対象とした動物用医薬品が承認されております。その他の家禽及び魚介類につきましてはコーデックス基準が設定されていない

「(3暴露評価」についてです。TMDI試算によりまして、一番高い幼小児で35.0%のADI占有率 今回暫定基準の見直しに当たり、基準値を設定しない食品につきましては「食品は、抗生物質又は化学的合成品たる抗菌性物質を含有してはならない」が適用される。 特に代謝物等について問題となるようなものはないというコメントを頂いております。
○大野部会長 タイロシンAがほとんどのもので、それ以外にタイロシンBCDが含まれているわけですけれども、A以外は少ないということ。体内での代謝という面ではジヒドロデスミコシンとかそういうものができますけれども、生成量は、ふん中に排泄される中には含まれているということですけれども、それほど多くないということです。
今回豚に適用があるわけですけれども、豚においてタイロシンA12.3%肝臓中に残留するということでして、D10.3%残留しているとかそういう結果が出ておりまして、日本イーライリリー株式会社の申請書、毒性学的ADIについて鰐渕先生から何かコメントはございましたでしょうか。
○事務局 コメント等は頂いておりません。

○大野部会長 タイロシンDの問題です。Dが比較的残っているということですけれども、

○事務局 提出された残留試験ですけれども、国内の使用方法に基づく休薬期間設定終了時にはいずれの試験でも定量限界0.05ppm以下という結果

○大野部会長 実際タイロシンAよりもDのほうが多いということはデータとしてはないのですね。タイロシンAそのものも残留していないという結果ですね。

JECFAのほうでの規制がタイロシンAのみ、その理由としてはバリデーションがとれた方法できちんと測ったデータはそれしかなかったということだと思います。

○事務局 それでは、2剤目のイソプロチオランでございます。本剤はマロン酸エステル系殺菌剤であり、いもち病菌を始め、白紋羽病菌等に対して強い菌糸生育阻害作用を示す。 本剤は国内において牛の肝疾患治療薬として動物用医薬品としての使用が認められております。

発がん性試験においてラットに皮膚角化棘細胞腫の増加が認められておりますが、遺伝毒性が認められなかったことから作用機序は遺伝毒性メカニズムとは考えがたく、評価に当たり閾値を設定することは可能であると食品安全委員会において結論付けられております。

農産物中、畜産物中及び魚介類中の暴露評価対象物質としてイソプロチオラン親化合物のみを設定しており、これらの内容につきましても前回の御審議内容と変更はございません。

○大野部会長 今回見直して、こんなにたくさん作用があるのかと不思議な気がしたのですけれども、当然農水省でこの薬剤についてはきちんと確認して許可しているのでよろしいかと思いますけれども、 分析対象物質についても特に問題はないと思います。
○事務局 それでは、3剤目のメトキシフェノジドでございます。 残留基準の検討につき、関連企業からインポートトレランス申請がなされたことに伴う基準値設定で、前回は平成241月の部会で審議が行われて、今回4回目。 本剤はベンゾイルヒドラジン系殺虫剤でありまして、作用機構といたしましては昆虫の脱皮ホルモン(エクダイソン)様作用を示し、幼虫における異常脱皮を促すことにより効果を発現すると考えられております。

国際基準はブロッコリー、キャベツ等に設定されており、 農産物、畜産物及び魚介類中の暴露評価対象物質としてメトキシフェノジド親化合物のみを設定しており、この内容についても前回御審議いただいたときと変更はございません。
レモン、オレンジ、グレープフルーツ、ライム及びその他のかんきつ類果実につきまして米国の基準値を参照して3ppmを設定する案としております。
これら全ての基準値案により暴露評価を行い 一番高い幼小児で78.3%のADI占有率となっております。
○大野部会長 4回目ということで、アメリカのかんきつ類に関してのインポートトレランス申請への対応ということで。特にないかと思いますけれども、

分析対象物質については以前議論いたしまして、親化合物だけでよいということに関して特に新たな問題はなかったと私は思っています。
それでは、基準値と国際的整合性、今回インポートトレランスということで、その他のかんきつ類のところでその辺が3ppmに設定されたわけですけれども、アメリカの検査では0.933とか1.72という数値がございますので妥当かなと思いますけれども、よろしいでしょうか。

○山内委員 暴露評価の幼小児のところが8割に近くなってきておりますので、また追加で申請等があったら全体の見直しということで注意しておいたほうがよろしいかと思います。

○大野部会長 次の品目、農薬のピラクロストロビンについての御審議を

本剤はストロビルリン系殺菌剤であり、ミトコンドリア内膜電子伝達系複合体?を阻害することにより抗菌活性を示すものと考えられております。茶、イチゴ、トマト等となっております。国際基準はキャベツ、リンゴ等に設定されております。

一番高い幼小児で57.6%のADI占有率となっております。

○事務局 5剤目、チフルザミドでございます。魚介類への基準値設定依頼が農林水産省からなされたこと  品目名チフルザミドは酸アミド系の殺菌剤であり、ミトコンドリア内コハク酸脱水素酵素を阻害することにより、殺菌効果を示すと考えられております。
本剤は水田及び水田以外のいずれでも使用されるので、前者は1.0ppb、後者は0.0046ppbと算出されました。
また、生物濃縮係数ですが、56日間の取り込み期間及び14日間の排泄期間を設定したコイの魚類濃縮試験の結果、BCFk237と算出され。推定残留量は1.19ppmと算出されました。食品健康影響評価の結果、ADI0.014mgkg体重/dayと結論されました。 JMPRにおける毒性評価はなされておらず、国際基準も設定されておりません。 韓国におきましては、イネ、イチゴ及び高麗人参に使用の適用がございます。
につきましては作物残留試験成績から、その他の野菜は韓国での基準値を参考に、魚介類につきましては推定残留量を基にそれぞれ0.512と案で設定いたしました。 一番高い暴露量で幼小児の65.2%となっております。

○大野部会長チル基が酸化されてアルコールになって、それがさらに酸化されてカルボン酸になるというような代謝。残留するものとしては、何か不思議なのですけれども、代謝物2について分析対象物として検討して、代謝物2については残留していないということでそれを入れなかったというような御説明でしたけれども、実際の植物体内ではカルボン酸として残っているものが多いのです。ただ、残っているのは小麦でして、お米ではそうではないということで、小麦については適用がございませんので、そういう意味でカルボン酸になったものを測定対象物としなくてもよろしいかと

今回の品目で動物用医薬品として使われているもの、それについて薬理作用がどれくらいの用量で出るのかというのが食品安全委員会でも報告書に明確に書かれていないの。動物薬として使っている場合には、それは薬理作用で薬効につながるものなので別に問題ないのですけれども、食物中に残留した場合にその同じ作用が私らの体に出てしまう。本来薬理作用だから問題ないとは言えないわけです。だからそういうものについては薬理作用が動物実験でどのくらいの用量で現れるのか。それも食品安全委員会の報告書に記載していただけるとありがたいなと思うのです。今回見たものでは、いろいろ資料を見てみると分かるのですけれども、直接的に薬理作用の用量はこうだ、このときは肝臓の機能を高めるとか、そこまで直接的には書いていないのです。場合によっては一般の人にとってはまずいこともあり得るので、それを書いていただけるとありがたいなと、そういうことは食品安全委員会のほうに言えるのですか。
○事務局 食品安全委員会に評価書の中に載せてもらうことはかなり難しい、 検討させていただければと思います。
○大野部会長 一般的には毒性が出るよりも薬効のほうがずっと低いわけです。十分余裕を持って残留基準を決められているかどうかと、 資料を提供していただけるとありがたいのでお願いしたいと思います。

イソプロチオラン、ピラクロストロビン及びメトキシフェノジドにつきましては、既に設定されている残留基準の一部改正のうち、いずれも食品安全委員会での評価の結果に変更がない 特にないようでありますから、そういった形で当部会で取り扱いたいというような案を分科会長に出しまして承認を得たいと思います。

 

抜粋者からの一言

安全である食品は、ありませんね。幼小児のお子さまだけでも、安心、安全な食品を選びましょう。

お問い合わせ
リンパマッサージはNPO法人日本メディカルリンパ協会の指導課を卒業しました。(現在は理事長が亡くなり廃校しましたが、現在はリンパ専門サロンとスクール名を変更して、継続しております。http://www.lymph-alice.com/)。
リンパマッサージのオイルは、ひまし油にグリセリンを半々に薄めて使用しています。ひまし油は安定、酸化しにくい油です。ひまし油はエジプト時代では薬にも使われていたようです。リシノレイン酸という脂肪酸が90%含まれていて、プロスタグランジン受容体に結合、皮膚の賦活作用、鎮痛作用、抗感染症などの様々な効能がしられています。酸化しやすいといわれるリノール酸の含有率は5%です、これは、乳幼児によく使用されているホホバオイルと同等の量です。(科学ニュースの森)。更にラベンダーアングスティフォリアとリトセアの精油で化粧水を作成して使用しています。(日本メディカルアロマ協会のアロマ療法http://www.jmaa-aroma.com/)乳幼児にはラベンダーアングスティフォリアとナチュラルモイストジェルを使用します。
ひまし油は日本薬局方を合格の油を使用しています。

《まこも枕》
お子様の頭痛に使用して見て下さい。
良く眠れるだけでなく、頭の病気にも効果があるようです。
詳しくは、このホームページに書いてありますので、御参照下さい。
ご購入方法は、「一休み庵 042-395-6856」に御連絡下さい。
マコモ茶も販売しています。30~40g500円。煎ると更に美味しいです。