風疹

風疹

●風疹の症状

風疹という病気は、特徴に乏しい病気です。

発疹もちっとも特別ではなく、風疹ウイルス以外のかぜによる発疹でも、同じような形になります。

では、風疹の症状をお話しましょう。

風疹ウイルスに感染した後二~三週間で、発熱とともに発疹が出ます。発疹は顔、頭に始まり、四肢、胸部、腰部、背中などに急激に拡大していきます。こまかい赤い発疹がびっしり出るので、皮膚全体が赤くなったように見えることもあります。かゆみはほとんどない場合もあるし、かなり強い場合もあります。発疹は三~四日で消えます。目の結膜が赤くなるというのは風疹の最大の特徴といってよく、ほとんどの例にみられます。首、わきの下、鼠頸部など全身のリンパ節がはれることがあり、とくに耳のうしろのリンパ節が大きく腫れたりします。

●風疹の合併症

乳幼児が風疹にかかると、特徴のない発疹が唯一の症状だったりするので、とても診断が難しいのです。

ところが、成人が風疹に罹った場合、変わった症状が起こります。それは関節炎です。とくに手の指の関節が少しはれて痛んだりします。軽い発疹のときは、風疹の診断がつかず、関節リウマチと誤診されたりすることもあります。お母さんが急に手の指のあちこちがはれて痛くなるという状態になったら、まずは風疹の可能性を考えてみることが必要で、最近、こどもが風疹にかかった事実があったら、疑いは濃厚です。この関節炎は数日で自然に治ってしまいます。

関節炎は成人だけでなく、年長児にも見られるといわれ、成人の場合は10人に1人という報告もあれば、3人に1人という報告もありますから、かなり多いですね。

次に、合併症についてお話しします。まず、風疹脳炎と言われるものがあります(50006000人に1人くらい)。ここでちょっと寄り道をして、ウイルスによって起こる脳炎脳症について解説しておきましょう。脳組織に炎症所見がみられれば脳炎、みられなければ脳症ということになるわけですが、実際そんなに厳密に分けられているようでもありません。

インフルエンザによって起こるものなどは脳症、それ以外の多くのウイルスによって起こるものは脳炎呼ばれます。いずれにしても、ウイルスが脊髄から脳へはいりこみ、そこに障害を起こすものが脳炎、脳症ということになります。

きわめて確率の低い脳炎

脳炎を起こすウイルスをあげてみましょう。

日本脳炎ウイルス、EBウイルス、単純ヘルペスウイルス、水痘―帯状疱疹ウイルス、サイトメガロウイルス、ムンプスウイルス、エコーウイルス、コクサッキ―ウイルス、麻疹ウイルス、風疹ウイルス、パポバウイルス、アデノウイルス、

脳症を起こすウイルスとしてはインフルエンザウイルスがあります。

こうしたありふれた病気で脳炎が起こり得るというようなことを知ってしまうと、恐怖心を抱いて、ワクチン接種に走ったりする人も出てきそうですね。でも、実際には、脳炎を起こす確率はきわめて低いものですし、たとえ脳炎になったとしても、自然に治ることも多いので、よけいな心配はしないでください。

●風疹脳炎の症状

脳炎は発疹が出てから27日に発病し、失見当識、性格変化、意識障害、けいれんなどの症状が起こります、失見当識は簡単にいえば「ここはどこ?私はだれ?」という状態になってしまうことです。こどもがトンチンカンな感じになったり興奮しやすくなった、あるいは、おちつきがなくなったなど、急に性格が変わって見えるようなときは要注意ということです。

風疹脳炎はウイルス性脳炎のなかでも、最も危険度の少ない脳炎といってよく、一般にはけいれんなどを起こすまでにいたらず、治ってしまいます。死亡率は15%くらいといわれていますが、風疹脳炎になるのが5000人に1人位ですから、その内の1%が死亡するとすれば50万人に1人の死亡ということで、たいへん低い数字になります。

●血小板減少性紫斑病の合併症

血管の浸透性が増して、血液が血管外に漏れてしまう場合と、血液を固める成分である血小板が減少して出血しやすくなってしまう場合と、大きく分けて二通りがあります。前者はアナフィタクトイド紫斑病(シェーンライン・ヘノッホ紫斑病とかアレルギー性紫斑病、血管性紫斑病などと呼ばれることもあります)と呼ばれ、原因はわかっていませんが、ウイルス性の上気道感染症や溶連菌感染症などにかかったあと13週間ごろによく起こります。罹りやすい年齢は38歳ごろたいていは12カ月で治るのですが、23日と極端に身近く終わることもあり、一方、長びいて1年ほどダラダラと続くこともあります。この病気の三大症状は、紫斑、関節痛、腰痛で、この三つの症状がそろえばアナフィラクトイド紫斑病と診断をつけるのが容易ですが、実際にはなかなか症状が全部そろわないのです。関節痛を訴える例は5060%、腹痛を訴える例は5060ですし、なかには腹痛だけとか関節痛だけということもあり、診断が非常に困難になります。

腹痛はかなり激しく、子どもが七転八倒という感じになることもあり、しばしば「急性腹症」で救急病院へ送られたりします。とくに所見がなく、腹痛のあとから紫斑が出てきて、ようやく診断がついたりすることもあるのです。

関節炎はひざに起こることが多く、紫斑も膝のまわりから下肢にかけて出ることが多いようです。

●風疹以外でも起こる血小板減少性紫斑病

血小板減少性紫斑病は、血小板が減ることで起こる。ふつう血液検査をして1mlの血液中の血小板数が8万以下になっているときにこの病気と診断します。(正常値は13万~36/ml

血小板が減った場合は、紫斑だけでなく、からだの色々な部分からの出血がみられ、こういう状態を「出血傾向」といいます。出血は鼻出血、歯肉からの出血、あるいは下血(消化管からの出血のために便に血が混じること)などの形で表れます。この紫斑病は風疹だけでなく、麻疹、水痘、ムンプスやそれ以外のウイルスによる上気道炎(のどかぜですね)にかかったあとに起こります。それらの病気にかかってから紫斑病が現れるまでの期間は平均2週間です。

急性型、慢性型、再帰型(反復型)の三つの形があり、6カ月以内に治るものを急性型、6カ月以上血小板減少が続くものを慢性型、何度もっ繰り返し起こるものを再帰型といいます。

こどもにみられる血小板減少性紫斑病では8590%が急性型ですから、ほとんどは治ってしまうといえます。また、急性型の多くは8週以内に治り、発病してから3カ月までに治る率は75%に達します。

先天性風疹症候群Congenital Rubella Syndrome 略称CRS

風疹という病気はほとんどの場合、かかっても軽くすんでしまいます。ですから、風疹はあまり問題のない病気といっても良いでしょうが、先天性風疹症候群は無視することはできません。1941年オーストラリアの眼科医グレッグは、「妊娠中の女性が風疹にかかると、生まれてくる子どもの目と心臓に障害が生じることがある」と報告しました。風疹にかかったことのない妊婦が風疹にかかった場合に起こります。全ての胎児が感染する訳ではありませんが、妊娠11週までに感染した場合は90%の胎児が感染するという高率なのに対して、妊娠12週から20週までは50と感染率が低くなります。しかし、21週から35週までは73%と上昇し、妊娠9カ月になるとすべて胎児が感染するといわれます。

感染した場合、何も障害が起こらないこともありますが、死亡することもあり、また、CRSになることもあります。

CRSの確率と病状

頻度についてはいろいろな報告があって確定しませんが、妊娠3カ月以内に感染した場合は、20の胎児がCRSになるといわれています。

もっと詳しいデーターもあります。妊娠1ヶ月に感染した場合、胎児の58CRSになり、2ヶ月では363ヶ月では154ヶ月では7CRSになるといわれています。第5ヶ月まではCRSにかかる可能性はなくならず、6ヶ月以後ではCRSは起こらないと考えられています

CRSの具体的な病状をあげてみましょう。三大症状といわれるのは眼症状、先天性心臓病、難聴ですが、もっと詳しくいうと次のようになります。

①永久的障害

白内障、先天性心臓病、難聴のほか、緑内障、網膜症など。

②新生児期の症状(生後12週間以内に起こる)

低出生体重、血小板減少性紫斑病、肝脾腫、黄疸、肝炎、骨病変など。

③遅れて出現する症状

亜急性硬化性全脳炎、糖尿病などの内分泌疾患、精神発達障害など。

これがCRSというものです。風疹という病気への対応(感染予防対策など)を考える必要がありますが、そこまでふれるのは、ここでは範囲を超えますので、踏み込まないことにします

お問い合わせ
リンパマッサージはNPO法人日本メディカルリンパ協会の指導課を卒業しました。(現在は理事長が亡くなり廃校しましたが、現在はリンパ専門サロンとスクール名を変更して、継続しております。http://www.lymph-alice.com/)。
リンパマッサージのオイルは、ひまし油にグリセリンを半々に薄めて使用しています。ひまし油は安定、酸化しにくい油です。ひまし油はエジプト時代では薬にも使われていたようです。リシノレイン酸という脂肪酸が90%含まれていて、プロスタグランジン受容体に結合、皮膚の賦活作用、鎮痛作用、抗感染症などの様々な効能がしられています。酸化しやすいといわれるリノール酸の含有率は5%です、これは、乳幼児によく使用されているホホバオイルと同等の量です。(科学ニュースの森)。更にラベンダーアングスティフォリアとリトセアの精油で化粧水を作成して使用しています。(日本メディカルアロマ協会のアロマ療法http://www.jmaa-aroma.com/)乳幼児にはラベンダーアングスティフォリアとナチュラルモイストジェルを使用します。
ひまし油は日本薬局方を合格の油を使用しています。

《まこも枕》
お子様の頭痛に使用して見て下さい。
良く眠れるだけでなく、頭の病気にも効果があるようです。
詳しくは、このホームページに書いてありますので、御参照下さい。
ご購入方法は、「一休み庵 042-395-6856」に御連絡下さい。
マコモ茶も販売しています。30~40g500円。煎ると更に美味しいです。