とぎ汁乳酸菌と豆乳ヨーグルトのつくりかた

とぎ汁乳酸菌と豆乳ヨーグルトの作り方

米のとぎ汁の乳酸菌と豆乳ヨーグルトの作り方

 

白米5合分に水2ℓ強を入れて炊飯釜でとぎます。今回はとぎ汁確保が目的なので、お米を両手でやさしくすりあわせるように、力を入れるとお米が割れてしまうのであくまで、やさしく・・・・。

すると、たちまちミルクのように濃いとぎ汁ができました。

大きめのボールに、金網ザルを載せてお米を流します。これで白濁とぎ汁をゲット!

残りのお米は、もう一度水を軽く足して軽くとぎます。二番目のとぎ汁は薄いので使いません。あとは水を足して炊飯してふつうにいただきます。

とぎ汁はちょうど2ℓペットボトルに満杯に。あとは蓋を締めて冷暗所に静かに置いておきました。直射日光で変質したり、急激に温まって、乳酸発酵ではなく、腐敗が進む恐れがあるため、日向を避けます。

一週間過ぎて10日目、ついに意を決して蓋を開け、恐る恐る鼻を近づけると、甘酸っぱいいい香り成功だ!

 

スプレー容器に詰めて、室内に思い切り噴霧します。

あたりはお酒の醸造所のような香り包まれます。自分の顔に思い切り吸い込むと乳酸菌が肺の奥まで入っていることを実感できます。

 

豆乳のヨーグルト

 

豆乳が9、米とぎ汁乳酸菌が1にオリゴ糖を2

(豆乳2パック400mlで作る場合、米とぎ汁乳酸菌を45ml、オリゴ糖を9 程度)これを混ぜて常温放置5~6時間で完成です。

夏であれば、5~6時間で固まりますが、冬は寒いのでなかなか固まってきません。発酵温度で保温にすると早くできます。青汁、梅酒、かりん酒、シナモン、ココナッツオイル、等と色々試して入れて飲んでいます。ミキサーで回すと、滑らかになっておいしいですヨ。)
甘酒、牛乳のヨーグルト、三種類をいれたら、更に美味しくなりました。
甘酒の作り方は、御飯を柔らかめに炊いて、麹をパラパラと混ぜて、49~55度。パンの発酵温度だと温度が低いようです。保温鍋で55度に保つのも難しい、電気毛布を強にしたら、意外に成功しました。 

更に、豆乳の作り方のページを御紹介します。
 http://grnba.com/iiyama/grnba/tounyuyogu.pdf

更に引用。http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-12107319060.html
そのオリゴ糖を使った豆乳ヨーグルトの例がtwitterで、私・佐野千遥の熱烈なファンである@yuimyun小松裕一郎氏から提案されているので、引用して置く。

“テレビで放送されたみたいなので、私の#豆乳ヨーグルト のレシピ。 予め温めた豆乳=500、種菌ヨーグルト=80、オリゴのおかげ=20、にがり=数滴、太古のカルシウム[註]=添付のスプーン山盛り1杯、ゲル状シリカ=小さじ1杯。35℃で2時間”

更に、豆乳ヨーグルトは、癌には、殆ど、効果が無い、佐野先生の気所を紹介します。

第3章:豆乳ヨーグルトは何故ダメか?!

 

結論から先に言う事とする。豆乳ヨーグルトの乳酸菌、つまり植物性乳酸菌は、人間の健康に殆ど全く貢献していないばかりか、寧ろ損失を齎し、害悪すら与えている。

 

ミルクの動物性乳酸菌は

 

1 アジア人・アフリカ人が消化できないでミルクを飲めば下痢を引き起こす乳糖をエネルギー源とし、この乳糖を発酵させて乳酸を創り出しヨーグルト、チーズを生成する。つまり日本人が脳神経のエネルギー代謝の為に必須なミネラルであるカルシウムの最大補給源であるミルクがそれが含有する乳糖が原因で消化できないで必ず下痢するという重大な障害を根本的に取り除いてくれる非常に有用な働きをミルクの乳酸菌、つまり動物性乳酸菌はしている。

 

2 ミルクの動物性乳酸菌は排他的であり、腸の中での自分の活動により他の雑菌・悪玉菌を抑えて減らす役割も演じる。

 

これに対し豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌は

 

1 ブドウ糖をエネルギー源とし、ブドウ糖を発酵させて乳酸に変えるだけで、乳糖を乳酸に変えることが全くできない。よってアジア人・アフリカ人の決定的カルシウム不足の原因物質である乳糖の消費に全く貢献しない。平たく言うのなら、豆乳ヨーグルトと牛乳を一緒にアジア人が飲むと必ず下痢をする。[註]

 

[註]:日本人は男女平均して欧米人の1/4のカルシウムしか摂取して居ない。女性の場合には美容の為、ヨーグルトを食べる事も有ろうが、男性の場合にはその日常の食べ物の中にカルシウムを含有する食べ物が殆ど皆無である。カリシウムとは脳神経のエネルギー代謝に必須のミネラルであり、また免疫力は身体を弱アルカリ性に保つ事により強化され、そのアルカリ性は人体の場合カルシウム摂取量に依存している。戦前戦中は魚を骨まで含めて頭から丸齧りする食べ方をする人達が沢山居たが、現在の日本人若者にはそのような魚の食べ方をする者は皆無である。数式を極度に苦手とする今日の日本人若者達の世界一の理工系離れはこのカルシウム不足にも依っている。牛乳ヨーグルトを止めて豆乳ヨーグルトを食べる事は、このような日本人の決定的カルシウム不足を更に助長する方向に働き、脳と身体の健康に重大な支障を齎しつつある。つまり豆乳ヨーグルトは大きな損失を齎している。

 

2 豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌は雑菌・悪玉菌に対して排他性を持たず平和共存路線を取る為に、消化不良になり胃腸の機能が不全となって免疫力が顕著に低下した時に、整腸機能を持たない豆乳ヨーグルトの乳酸菌を飲みこんでも、悪玉菌を抑えての消化不良、免疫力低下からの回復に全く役立たない。

 

3 大豆とは、消化酵素(蛋白質で出来ている)を阻害する酵素系(蛋白質で出来ている)を含有している。“豆食ってビー”とはその事を形容した物である。豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌は炭水化物のブドウ糖を醗酵するだけで、タンパク質とその酵素(蛋白質で出来ている)を全く醗酵する事が出来ず、豆乳ヨーグルトの中にはヒトの腸の消化に必須な消化酵素を阻害する大豆の酵素系がそのまま残っている。豆乳ヨーグルトを或る一定量以上飲むと、必ず下痢する理由は此処にある。これが豆乳ヨーグルトが人体に齎している害悪である。

 

4 乳酸菌とは癌細胞と非常によく似た構造と機能とを兼ね備えた菌である。

 

A 乳酸菌は癌細胞と同じくブドウ糖をエネルギー源=食物とする[註]

 

B 乳酸菌は癌細胞と同じく無酸素呼吸をする為にミトコンドリアを持たない。よって乳酸菌は癌細胞と同じく、ミトコンドリアによる電子伝達系に参加して呼吸に依る反エントロピー・プロセスに参加する事が出来ず、免疫力強化に寄与せず、興奮性交感神経に対する安心性副交感神経の優位を確保する為にも全く働かない。

 

C 乳酸菌の生成物は癌細胞と同じく、疲れと痛みの原因の基本物質である乳酸である。乳酸はあらゆる痛みの原因物質である。

 

[註]:癌細胞がエネルギー源=食物(くいもの)をブドウ糖に求め、豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌もエネルギー源=食物(くいもの)をブドウ糖に求める結果、豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌は癌細胞とブドウ糖の分捕り合戦をしてくれる、その結果、癌細胞が利用するブドウ糖の分量を若干減らしてくれる、という意味でのみ、唯一その意味でのみ、植物性乳酸菌が健康維持に僅かに寄与している、という論は成り立ち得る。

しかしこの論も、それなら豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌の代わりに、乳糖まで含めた全ての糖分全種類を醗酵分解してくれるビール酵母菌(植物性。エビオスに含まれる)を呑むならば、ガン細胞とブドウ糖の分捕り合戦をしてくれるし、アジア人・アフリカ人が消化できないで困っている乳糖も分解してくれてカルシウム摂取を助けてくれるのだから、豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌の有用性の主張を根本から覆す事と成る。

更に、ビール酵母菌は、ブドウ糖を発酵させてアルコールを造り、そのアルコールが腸の中で悪玉菌の繁殖を抑えてくれて、しかもビール酵母菌はミトコンドリアを持ち電子伝達系のユビキノン=コエンザイムQ10を生成するので、健康増進に根本的に寄与し、また酵母菌はそのミトコンドリアを使った酸素呼吸により興奮性交感神経に対する安心性副交感神経の優位を確保する為にも働いてくれて、しかもガンに対する免疫力を支える高体温を保つのに貢献してくれる。つまり豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌はビール酵母菌にあらゆる面で劣っている。

 

豆乳ヨーグルトの植物性乳酸菌はその構造と全機能を検証して善玉菌か悪玉菌かを判定すると、善玉菌と悪玉菌の丁度境界上に有るか、どちらかと言えば悪玉菌の側に有るとすら言える。

 

お問い合わせ
リンパマッサージはNPO法人日本メディカルリンパ協会の指導課を卒業しました。(現在は理事長が亡くなり廃校しましたが、現在はリンパ専門サロンとスクール名を変更して、継続しております。http://www.lymph-alice.com/)。
リンパマッサージのオイルは、ひまし油にグリセリンを半々に薄めて使用しています。ひまし油は安定、酸化しにくい油です。ひまし油はエジプト時代では薬にも使われていたようです。リシノレイン酸という脂肪酸が90%含まれていて、プロスタグランジン受容体に結合、皮膚の賦活作用、鎮痛作用、抗感染症などの様々な効能がしられています。酸化しやすいといわれるリノール酸の含有率は5%です、これは、乳幼児によく使用されているホホバオイルと同等の量です。(科学ニュースの森)。更にラベンダーアングスティフォリアとリトセアの精油で化粧水を作成して使用しています。(日本メディカルアロマ協会のアロマ療法http://www.jmaa-aroma.com/)乳幼児にはラベンダーアングスティフォリアとナチュラルモイストジェルを使用します。
ひまし油は日本薬局方を合格の油を使用しています。

《まこも枕》
お子様の頭痛に使用して見て下さい。
良く眠れるだけでなく、頭の病気にも効果があるようです。
詳しくは、このホームページに書いてありますので、御参照下さい。
ご購入方法は、「一休み庵 042-395-6856」に御連絡下さい。
マコモ茶も販売しています。30~40g500円。煎ると更に美味しいです。