電気釜でできる玄米酵素ごはん

電気釜でできる玄米酵素ごはん

玄米酵素のごはん

 

材料:    玄米(600g 4合)

              乾燥小豆 50

              自然塩 3

              1リットル~1.1リットル

              泡だて器

 

作り方:

    玄米は、ボールに浄水を入れて、軽くかき混ぜて、ゴミやホコリをとります。(浮いてくるので)また、小豆の表面もさくっと洗います。

    ボールを一度洗って、浄水600㏄と、玄米、小豆、塩を入れて、「泡だて器」で8分間「右回りに」かきまわす。スピードはゆっくりゆっくりと、だいたい2秒くらいで一周りがよいかな―。(反対回りにするとおいしくなくなるそうです)

    8分間右回りでかき回し終わったら、さらに400500㏄の水を加えて、炊飯スタート。

    炊きあがったら、15分ほど蒸らしたあとで、しゃもじを使って底のほうからすくって、上のほうのごはんとかき混ぜます(天地返しというそうです)。そしてまだ食べません。

    この日はそのまま保温モードのまま翌日は1回また同じようにかき混ぜます。二日目も同じように1回かきまぜます。そして待ちに待った三日目。お味は、皆様の期待を大きく上回ること請け合い。ふっくらとやわらかくなり、玄米が柔らかくいただけます。

 何故、8分間ゆっくりとかき回すのかな~、とかんがえていたら、なんとなくわかりました。宇宙エネルギーを入れているんですね。だから、8分間、ゆっくり回しながら、おいしくなれ~と思いを込めるとよいかもしれませんよ。

お問い合わせ
リンパマッサージはNPO法人日本メディカルリンパ協会の指導課を卒業しました。(現在は理事長が亡くなり廃校しましたが、現在はリンパ専門サロンとスクール名を変更して、継続しております。http://www.lymph-alice.com/)。
リンパマッサージのオイルは、ひまし油にグリセリンを半々に薄めて使用しています。ひまし油は安定、酸化しにくい油です。ひまし油はエジプト時代では薬にも使われていたようです。リシノレイン酸という脂肪酸が90%含まれていて、プロスタグランジン受容体に結合、皮膚の賦活作用、鎮痛作用、抗感染症などの様々な効能がしられています。酸化しやすいといわれるリノール酸の含有率は5%です、これは、乳幼児によく使用されているホホバオイルと同等の量です。(科学ニュースの森)。更にラベンダーアングスティフォリアとリトセアの精油で化粧水を作成して使用しています。(日本メディカルアロマ協会のアロマ療法http://www.jmaa-aroma.com/)乳幼児にはラベンダーアングスティフォリアとナチュラルモイストジェルを使用します。
ひまし油は日本薬局方を合格の油を使用しています。

《まこも枕》
お子様の頭痛に使用して見て下さい。
良く眠れるだけでなく、頭の病気にも効果があるようです。
詳しくは、このホームページに書いてありますので、御参照下さい。
ご購入方法は、「一休み庵 042-395-6856」に御連絡下さい。
マコモ茶も販売しています。30~40g500円。煎ると更に美味しいです。