子どもとティーンズのためのサプリメントの安全性について知って5つの事柄

子供とティーンズのためのサプリメントの安全性について知って5つの事柄

 

子どもとティーンズのためのサプリメントの安全性について知って5つの事柄

両親は、栄養補助食品および漢方薬を含む多くの補完的な健康製品は、小児における安全性や有効性についてテストされていないことに注意する必要があります。子どもの代謝や、免疫、消化、および中枢神経系は、まだ成熟しているため、副作用が成人に見られるものとは異なる場合があります。これは、幼児や子供のために特に当てはまります。

ここでは、多くの場合、子どもたちに与えられているいくつかのサプリメントのために他の安全上の懸念の例は以下のとおりです。

1. ハーブ製品を含む栄養補助食品は、あなたの子供が取ったり、自分の上の不要な副作用を持っている他の製品や薬と相互作用することができる。子供に見られる一般的な組み合わせは、アセトアミノフェンとアセトアミノフェンの体の処理が遅くなりますビタミンC、です。
  

2. セントジョンズワートは、抗うつ薬、経口避妊薬、発作コントロール薬、および癌を治療するために使用される特定の薬を含む多くの薬と相互作用することが示されている。
  

3. メラトニン、睡眠補助として使用されるホルモンは、幼児の他のホルモンのレベルを変更することがあり、そのようなホルモン障害、糖尿病、肝臓や腎臓病、脳性麻痺、発作性疾患、片頭痛などの特定の病状を持つ子どもで使用すべきではありません、うつ病、および高血圧。
  

4. プロバイオティクスは、胃腸の小児の条件、およびプロバイオティクスを与えるという研究報告のために研究されている(補水療法と一緒に必要な場合)一般的に安全である。しかし、プロバイオティクスは、危篤状態の患者に投与されるべきではないという証拠がある。研究者たちはまた、プロバイオティクスや子供で、その安全性の長期的な効果はよく研究されていないことに注意してください。
  

5. 米国小児科学会は、お勧めしませんマルチビタミン食べ、健康な子供や若者のための多様な食事を2012年報告書によると、マルチビタミンを取る子供たちはしかしあまりにも鉄、亜鉛、銅、セレン、葉酸、およびビタミンACを得るための非使用者よりも大きな危険にさらされている、ビタミン剤は食べてはいけない人のために必要かもしれない多様な食生活と、マルチビタミンを取ることはありませんでしたこれらの子供たちは、ビタミンDEとカルシウムの低レベルを持っていることが分かった。
  

ボディイメージをターゲットサプリメント

このような体重増加や強度を低減するために広告を出すものなど製品は、10代の若者の間で人気がありますが、危険な可能性があります。

·         栄養補助食品として販売されているいくつかの広く市販されているボディー製品は、ステロイドを含有することが見出されている。2009年には、米国食品医薬品局(FDA)はボディービルとステロイドまたはステロイド様物質が含まれているために、その主張のために販売されているすべての製品を使用して停止するように消費者に警告を発した。これらの製品は、潜在的に有害であり、重篤な肝損傷、脳卒中、腎不全、または他の深刻な状況につながる可能性があります。

·         減量サプリメントは、数多くのテストされていない成分を含んでいてもよいし、小児における安全性や有効性について検討されていない。製品の汚染の可能性は、子供と大人両方のための栄養補助食品に関する主な安全性の問題であるが、危険性は、子どものためのより大きいかもしれません。サプリメントは、特に減量のために市販さ栄養補助食品において、隠された処方薬又は他の化合物を含有することが見出されている。また、ハーブは時々嘔吐を誘発し、その量を制御するような拒食症や過食症などの摂食障害を持つ人々によって悪用されています。

·         可能性があるため健康上のリスクのうち、スポーツ医学のアメリカの大学では、クレアチン、運動性能を向上させるために取られ体内で自然に発生する化合物を用いて、18歳未満の誰でもないことをお勧めします。

それは親が使用されるか、または検討されている任意の補完的な健康へのアプローチについての彼らの子供の医療サービス提供者と話をし、両親が同じように彼らのティーンエイジャーを奨励すべきであることが重要です。補完的な健康製品や慣行についての医療従事者と話をヒントについては、以下を参照してくださいキャンペーンの話をNCCAMの時間

 管理者からの一言
サプリメントは私もかなり摂っていた方だとおもいます。疲れた時にはかなりたくさんの量を常用していました。ただ、その時には疲れが感じられずに働くことができて、良かったのですが、あとでドッと疲れてしまうので、仕事がハードのときだけにしました。しかし、冷蔵庫にたくさんいれておいたので、娘も飲むようになりました。短大の実習で疲れると言って、一日に何本ものんでいました。 水のように、喉が渇いても飲んでいたようです。娘がリウマチになった原因が、もしかしてこのサプリメントでなかったのかなと思えてなりません。サプリメントは薬を薄めたようなもので、薬と違うところは、多量の量を摂取してしまうところがあります。人工透析になる原因の一つにも挙げられているようです。厚生省からもサプリメントについての情報がかかれている記事がありましたので、その内に書きますがアメリカの情報を掲載させていただきました。

お問い合わせ
リンパマッサージはNPO法人日本メディカルリンパ協会の指導課を卒業しました。(現在は理事長が亡くなり廃校しましたが、現在はリンパ専門サロンとスクール名を変更して、継続しております。http://www.lymph-alice.com/)。
リンパマッサージのオイルは、ひまし油にグリセリンを半々に薄めて使用しています。ひまし油は安定、酸化しにくい油です。ひまし油はエジプト時代では薬にも使われていたようです。リシノレイン酸という脂肪酸が90%含まれていて、プロスタグランジン受容体に結合、皮膚の賦活作用、鎮痛作用、抗感染症などの様々な効能がしられています。酸化しやすいといわれるリノール酸の含有率は5%です、これは、乳幼児によく使用されているホホバオイルと同等の量です。(科学ニュースの森)。更にラベンダーアングスティフォリアとリトセアの精油で化粧水を作成して使用しています。(日本メディカルアロマ協会のアロマ療法http://www.jmaa-aroma.com/)乳幼児にはラベンダーアングスティフォリアとナチュラルモイストジェルを使用します。
ひまし油は日本薬局方を合格の油を使用しています。

《まこも枕》
お子様の頭痛に使用して見て下さい。
良く眠れるだけでなく、頭の病気にも効果があるようです。
詳しくは、このホームページに書いてありますので、御参照下さい。
ご購入方法は、「一休み庵 042-395-6856」に御連絡下さい。
マコモ茶も販売しています。30~40g500円。煎ると更に美味しいです。