日本人本来の姿勢は、背中が丸まったヤマト姿勢(植原紘治のお話)

日本人本来の姿勢は、背中が丸まったヤマト姿勢(植原紘治のお話)

ヤマト呼吸とは

植原紘治のお話し

 

ヤマト呼吸(普段、植原先生がされている呼吸です)2012.9.16

 

息を吸うときも、また、吐くときも、お腹と胸が膨らんだり減っこんだりしない呼吸です。日本人は本来このような呼吸をしていたということから、仮にヤマト呼吸と名付けられました。

日本人は古来、着物を着て生活をしていたので、このような呼吸が自然にできていたのだそうです。若い人は何かのセレモニーで着物を着ると、すぐ記崩れするという声を聞くのは、呼吸のたびに胸やお腹が大きく膨らんだり減っ込んだりして帯や腰紐がずる落ちてくるからだ、ということでした。

武道でも、本来は呼吸を読まれたほうが負けなので、呼吸をしても吸うタイミングが相手にさとられないように、お腹や胸を動かさないのが普通だったのだそうです。学校教育では、直立不動の姿勢が良いとされていますので、背中を丸めたような緩んだ姿勢をすると怒られます。

しかし、日本人本来の姿勢を考えると、背中が丸まって骨盤が前に入り、手足もダランとして、首が少し前に出ている姿勢が自然なのだそうです。

弓道で八段の試験があるのですが、首が前に出ていないと、構えるときに、顔全体ではなく目だけで的を追ってしまうので、それだけで試験に落ちてしまうのだそうです。

ヤマト呼吸で胸も、お腹も動かさないで呼吸をしようとすれば、必然的に横隔膜を下げるしかないです。直立不動の姿勢だと、下がった横隔膜を支えることが出来ないけれど、猫背でダラントした格好だと前に入った骨盤が横隔膜を支えてくれます。

最初はアグラや正座など、座った姿勢で練習して、慣れてくれば立ったままでもヤマト呼吸ができるようになります。ただ、ダラントした姿勢は相手にだらしない印象を与えることがあるので、人と会うときとか周りの環境に応じて、良い姿勢とダランとした姿勢を上手に使い分けてくださいと、先生はおっしゃっていました。

一呼吸でも凄く運動量が多くて、あまり長く呼吸すると辛くて嫌になるので、最初は3秒で吸って3秒で吐くくらいから始めると良いそうです。それを45秒と伸ばして行って、10秒で出来たら達人です。

吸って10秒、吐いて10秒だと、1分間に3回しか呼吸をしていないからです。もし、1分間に1回しか呼吸をしなくなれば、それは名人ですと、いうことでした。

ヤマト呼吸をすることで、普段なかなか出来ない内臓のマッサージがいつも出来るようになるので、体調が良くなる、健康になる、痩せる…、様々な効果が期待できます。

この呼吸を、時間があるときやリラックスしているときに、やり続けてください。とのことでした。ちなみに、次の日お腹の周りが痛くなるのは筋肉痛です。普段使っていなかった筋肉の運動をしたからで気にすることはありません。痛くなるのはとても良いことですと、おっしゃっていました。

会員さんからの質問に答えられました。

Q:呼吸は鼻でするのですか、口から吐くのですか?

A:呼吸は基本、鼻で吸って鼻で吐いて下さい。

Q:これまでに御指導のあった、息を長く吐いて吐いて吐ききるというのは、どうなるのですか?

A:ヤマト呼吸が出来るようになってから、次の段階です。剣の立ち合いでも、長く吐ける方が勝つからです。は~っと息を吐いた時に袴がずり落ちたら、それで負けですから、商売でも、そうですよ。口を開けたまま呼吸をしているとアホづらをさらしますから、簡単に付け込まれます。

 

紹介者からの一言

植原先生はサイ科学の関先生とも関係が深い方です。

速読を一度、教えていただきました。初めに寝るのです。びっくりしました。その後、本をパラパラとめくるだけです。それを毎日やり続けると、目が慣れてきて、早く読めるのだそうです。私は、初めの寝るが気に入っています。本を読み始めると、直ぐに眠くなるので、少し寝てから読めば、頭がすっきりして、はかどります。それをやっています。

パソコンを一日、3時間以上も打っていると、身体が疲れてきます。それで、私が編み出した姿勢は足台に足を乗せて、足に肘を乗せて、背を丸くしてキーボードを打っています。その姿勢が、一番楽なのです。変な格好ですが、誰もみていないので、そうやっています。

それまでは、背もたれに寄りかかって、腕を伸ばして、姿勢を良くして、キーボードを打っていたのですが、腕は疲れてくるし、肩は凝るし、首も凝るし、体がコチコチに硬くなってきて、すごく疲れてしまうのです。どうすれば楽になるのかを工夫しましたら、背中を丸くした姿勢が楽だと気づきました。お尻が痛くなってしまう対策は、座って骨盤を矯正するという、お尻が丁度入る形をした硬いプラスチックの座布団です。楽です。

昭和天皇も平成天皇も、どうして背を丸くしているのか、不思議に思っていました。無駄のない姿勢だったのですね。

ヨガで、歩き方を、前に重心におくと、長時間歩けること教えてもらって、そのようにして二時間くらい歩いたことがあります。今まで経験したことのない部分の筋肉痛が出てきました。その筋肉痛はふくらはぎではなく、前のすねの筋肉痛なのです。改めて、すねにも筋肉があったのかと、自覚しました。

山登りでも、前かがみで背を丸くするし、降りる時も前かがみです。

良い姿勢といわれている姿勢が実際に役に立つ場所はどこなのでしょうか?生徒に強制的にやらせている学校でしょうか?姿勢を正しなさいというのは、虐待ですね。

私が不思議だなと思っていることに、ぎっくり腰があります。ぎっくり腰を何度も起こしやすい人は、姿勢が良い人に多いように思うのです。猫背の人でぎっくり腰で、困っている人は見たことがありません。もしかして、良い姿勢というのは、腰に負担のかかるの姿勢なのではないのでしょうか?

お問い合わせ
リンパマッサージはNPO法人日本メディカルリンパ協会の指導課を卒業しました。(現在は理事長が亡くなり廃校しましたが、現在はリンパ専門サロンとスクール名を変更して、継続しております。http://www.lymph-alice.com/)。
リンパマッサージのオイルは、ひまし油にグリセリンを半々に薄めて使用しています。ひまし油は安定、酸化しにくい油です。ひまし油はエジプト時代では薬にも使われていたようです。リシノレイン酸という脂肪酸が90%含まれていて、プロスタグランジン受容体に結合、皮膚の賦活作用、鎮痛作用、抗感染症などの様々な効能がしられています。酸化しやすいといわれるリノール酸の含有率は5%です、これは、乳幼児によく使用されているホホバオイルと同等の量です。(科学ニュースの森)。更にラベンダーアングスティフォリアとリトセアの精油で化粧水を作成して使用しています。(日本メディカルアロマ協会のアロマ療法http://www.jmaa-aroma.com/)乳幼児にはラベンダーアングスティフォリアとナチュラルモイストジェルを使用します。
ひまし油は日本薬局方を合格の油を使用しています。

《まこも枕》
お子様の頭痛に使用して見て下さい。
良く眠れるだけでなく、頭の病気にも効果があるようです。
詳しくは、このホームページに書いてありますので、御参照下さい。
ご購入方法は、「一休み庵 042-395-6856」に御連絡下さい。
マコモ茶も販売しています。30~40g500円。煎ると更に美味しいです。